ファンケル クレンジングオイル マツエク

ファンケルクレンジングオイルはマツエク使用可?エクステ取れない?

ファンケルのクレンジングオイルはマツエクに使えます。

 

 

公式サイトにも

 

「※一般的なグルー(シアノアクリレート系)を使用したまつ毛エクステンションをご使用の方もお使いいただけます。」とはっきり書かれています。

 

一般的なグルー、シアノアクリレート系の接着剤はさらに細分化できます。ブチルシアノアクリレート、エチルシアノアクリレート、メトキシエチルシアノアクリレートが主に使われる種類のマツエク用接着剤です。

 

これらの成分を使用してるエクステなら、ファンケルのクレンジングを使用できます。

 

ではファンケルのクレンジングが使用できないマツエクにはどんな種類かというと、先ほどの接着剤でないものを使用してる場合です。

 

普通、まつげエクステのサロンでは上記の接着剤を使用してる場合が多いのですが、必ずしもそうとは限りません。

 

もしもシアノアクリレート系でない場合、ファンケルのクレンジングオイルをマツエクに使用すると接着剤が分解されてエクステが取れてしまうかもしれません。

 

それを防ぐには念のためにサロンの方に接着剤の成分を確認しておきましょう。

 

 

  • どんなメイクもこすらず落とす
  • 肌のバリア機能を守る
  • 角栓を落とす力が高い

 

ファンケルのクレンジングオイルがマツエクに使える以外にも、なぜこのような特徴を持っているのか順番に見てみましょう。

 

どんなメイクもこすらず落とす…ファンケルのクレンジングオイルのCMをご覧になったことがある方も多いと思います。

 

フルメイクをした女性の顔にファンケルのクレンジングオイルを垂らすとその部分だけすぐにメイクが落ちるのがとても印象的ですね。

 

ファンケルのクレンジングオイルの特徴をとてもよく表現してるCMだと思います。

 

するんとオイルと言われるオイルがウォータープルーフのアイメイクもしっかりと落とします。

 

肌のバリア機能を守る…肌にはバリア機能があります。肌表面の真皮層が乾燥と外部刺激から肌を守ってくれています。

 

しかし、無理なクレンジングなどによりバリア機能が低下すると、肌が乾燥したりトラブルが発生します。

 

ファンケルのクレンジングオイルには肌のバリア機能を守る成分が入っています。

 

角栓を落とす力が高い…元々ファンケルのクレンジングオイルで角栓も落ちていましたが、従来の成分に比べてその働きが約3倍にもなりました。

 

今角栓を気にする女性がたいへん増えているので、この機能アップは嬉しいですね。

このようにファンケルのクレンジングオイルはマツエクに使用可能であるだけでなく、クレンジングとしての評判がとても良いのです。

 

その証拠に、@コスメの年間ランキングではファンケルのオイルクレンジングが3年連続1位になり、殿堂入りしました。

 

しかも何度も殿堂入りしているのです。

 

とにかく売れ続けています。なんと4秒に1本売れてると言われています。

 

こんなに長く人気を保つのはやはりクレンジングとしての働きが良く、リピーターが多いからにほかなりません。

 

ファンケルマイルドクレンジングを見る

 

しかし、ファンケルのクレンジングオイルがマツエクに使えるパーフェクトのクレンジングかと言えばそうでもなく、不満点もあります。

 

W洗顔が必要なのでクレンジングの後に洗顔料を使用しなくてはいけません。時間的にはかなりかかってしまいますね。

 

今W洗顔不要のクレンジングの商品が増えてきています。一度この手軽さを知ってしまうと改めてW洗顔が必要なのは面倒に感じるかもしれません。

 

 

ファンケルのクレンジングオイルがマツエクに使える、濡れた手でも使えるのと同様、さらにW洗顔不要の商品が今評判です。

 

アテニアスキンクリアクレンズオイルです。実はファンケルのグループ会社なので、クレンジングの使い心地等はファンケルと大差ないと感じる方も多いようです。

もちろん、商品に使用されてる原材料が違うので使用感も異なると口コミしてる方もいます。

 

アテニアのクレンジングオイルには他にも、古い角質を落とすロックローズオイル、アルガンオイル、バオバブオイル、イモーテルオイルが配合されています。

 

高級ブランドに良く使用されるオイルたちなのでさぞかし価格が高いのかと思いきや全くそんなことはなく、1本1700円です。

 

ファンケルのクレンジングオイルだけがマツエクに使えるのではありません。アテニアも使えてしかもコスパが良いのですね。

 

価格だけをみるとファンケルとアテニアのクレンジングオイルはどちらも1700円なので変わりません。

 

しかし内容量に違いがあります。アテニアは175ml、ファンケルは120mlです。結構な差がありますよね。

 

アテニアの場合、1本がだいたい1ヶ月半くらい持ちますが、ファンケルだともう少し早く無くなります。ほぼ1ヶ月くらいでしょう。

 

ファンケルのクレンジングオイルもマツエクに使える素晴らしい商品ではありますが、同じグループ会社のアテニアも使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ファンケルクレンジングオイルでマツエクを使用している方の口コミ

 

ファンケルクレンジングオイルのマツエクを使用している方限定で口コミをまとめました。特にマツエクの調子やクレンジングで肌がどのように変化したのかとに注目しています。

 

評価:★★★★★
簡単にメイクが落ちるし、乾燥肌でも使用後のツッパリ感がありません。リピしています。
評価:★★★★★
マツエクをしていても使えるのがありがたいです。毛穴の汚れもきれいに落ちるので角質ケアとしても大活躍してくれます。
評価:★★★★★
マツエクをし始めたので、オイルクレンジングはマツエクに良くないと思ってミルククレンジングを使っていました。でも汚れがあまり落ちず、毛穴が気になるしニキビもたくさんできてしまいました。

 

そんな時にファンケルのマイルドクレンジングがマツエクOKというのを見かけ、使ってみました。全てのマツエクにOKというわけではないのでちょっと心配しながら使ってみましたが、私は大丈夫でした。マツエクの持ちも使用前と全く変わりません

 

評価:★★★★★
マツエクを定期的につけるようになってからファンケルのクレンジングオイルをおすすめされたので使ってみました。

 

メイクはしっかり落としてくれるけれど、マツエク用なのでマツエクが取れにくいってところがすごくお気に入りです。

評価:★★★★★
とにかくするっと落ちて感動こすらず落ちて肌の調子もいいです。しかも安くファンケルのクレンジングオイルはマツエクOK なのが魅力的です。

 

ファンケルのクレンジングオイルはとても売れているので口コミ件数も非常に多いです。なのでマツエクを使用している方の口コミも80件近くありました。

 

それを確認したところマツエクがダメになったという口コミはほとんど見当たりませんでした。それだけファンケルのクレンジングオイルとマツエクは非常に相性が良いことがわかります。

 

なのでマツエクを使用しているためにジェルやクリームタイプのクレンジングを使用している方で、メイクの汚れ落ちに不満があるならば、ファンケルのクレンジングオイルを使っていると満足できるかもしれません。

 

ファンケルマイルドクレンジングを見る

 

ただ、マツエクを持たせるという観点からみるとファンケルのクレンジングオイルがいくらこすらずにメイク汚れが落とせるとしても、その後の洗顔で必ず肌をこすってしまいます。

 

となるとマツエク部分に、W洗顔不要のクレンジングに比べるとやはりいくらかの負担はかかってしまうことは間違いないでしょう。

 

それも避けたい方はぜひアテニアのクレンジングを使ってみてください。